徹底比較!神戸の包茎クリニック

包茎手術では傷跡が残るか?

包茎手術は傷跡が残るか?という点が気になります。

傷跡が残るようなら、包茎手術を受けたことがバレてしまうため、性行為や温泉などに抵抗を感じてしまうでしょう。

もし傷跡を残さず綺麗に仕上げたいというのなら、形成美容外科で施術を受けることがお勧めされます。

例えば泌尿器科ですと、包茎を改善することを目的とするため仕上がりは重視していません。

しかし美容形成外科なら、包茎の改善と同時に仕上がりも重視するため見た目の治療効果も高いのが特徴です。

ただし、美容形成外科での治療は保険適用ができません。

そのため費用は全て実費となるのは考慮しておきましょう。

自由診療なので費用は一概ではないですが、相場として包茎の状態に合わせて10万円~20万円ほどかかります。

 

タグ :     

包茎治療

カントン包茎のリスク

男性の包茎には種類があり、その中でも特に危険なのがカントン包茎です。

このカントン包茎は、仮性包茎とにていて普段は包皮に包まれています。

また、実際に勃起時などには剥くことも可能です。

しかし、そのような仮性包茎との大きな違いは、勃起時に剥けたとしても、包皮が亀頭を締め付けてしまうということです。

なので、長時間そのままの状態が続いてしまえば、うっ血したような状態になってしまいます。

また、普段は包茎と同じく包皮に包まれた状態ですので、衛生面でも良くないこともあります。

特に包茎はきちんとお風呂に入った時などに洗わないと、雑菌が湧いたりして不衛生になってしまうこともあります。

以上のようなことがカントン包茎の危険性としてありますので、そのカントン包茎の方は場合によっては手術が必要になってきます。

 

タグ :     

包茎治療

仮性包茎を治すには?

仮性包茎に悩む方は非常に多いのですが、わざわざ病院に行って治療をしようと考える人はそれ程多くありません。

そもそも、仮性包茎の治療を医療機関で行う場合、保険の適用外となるため比較的高額になります。

手術により余分な包皮を切除する方法が一般的な治し方なのですが、費用的な理由により手術を行わないと言う方も多くいます。

また、そこまで大げさなことは必要ないと考える人も多い事も理由の一つです。

中には自分で仮性包茎を治療しようと考える方も居ます。

様々な矯正器具も販売されており、それらを利用する事で症状が改善すると言うことは珍しくないため、お金をかけずに治療したい方にとっては魅力的な方法です。

しかし、仮性包茎自体はそれ程デメリットのあるものでは無い為、取り立てて気にする必要は無いと言えます。

 

タグ :     

包茎治療

高校生で包茎手術を受けるべきか?

包茎手術は高校生でも受ける事は出来ますが、実際に検討する場合には経過や状況に鑑みて行う事が求められます。

その理由は成長期の終わりに個人差がある事から高校在学中に体格等が大きく変わる可能性があり、伴って包茎も自然に解消される可能性がある為です。

手術後に体や性器の成長が進むと、包茎とは裏腹に皮が足りないという状況になる可能性があります。

また高校生は未成年ですから、手術となると必ず親権者の同意が必要となります。

自身の責任だけでは手術を行えない為に、周囲と意見が合わない場合にはそもそも手術に至るまでの手順が困難となります。

従って高校生で包茎手術を受ける場合、明らかに将来に渡って問題が出そうな状態であるケースに絞る事が求められると言えます。

これなら親権者の同意も得易い筈ですし、現況を鑑みつつ無理の無い範囲の手術に踏み切れる為です。

 

タグ :     

包茎治療

包茎矯正器具がおすすめできない理由

包茎矯正器具のデメリット。

包茎治療には、包茎手術と包茎矯正器具を使用した方法の2つがあります。

包茎矯正器具は、費用が安く、自宅でいつでも行えるというメリットがあります。

その反面、包茎矯正器具のデメリットもあります。

効果に個人差があるため、確実に包茎を治療できるとは限りません。

真性包茎では効果があまり期待できず、仮性包茎であっても軽度である場合に効果が得られると言われています。

また、包茎手術と比べて、効果が出るまでに時間がかかるります。

セルフで行うため、安全面への配慮が欠けてしまうことがあり、器具の使用時にペニスを傷つけてしまうケースも多々あります。

矯正器具を試す際は、安全面にもしっかりと気を配って実践することが大切となります。

 

タグ :     

包茎治療

嵌頓包茎を放置すると危険

放置すると危険なカントン包茎。

カントン包茎は真性包茎と仮性包茎の中間的な位置づけをされている症状です。

カントン包茎は、普段は亀頭を露出ことができますが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられる感覚があったりする状態のことです。

無理に剥いてしまうと、包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚が腫れたりすることがあります。

そのまま放置すると、亀頭がうっ血して壊死する場合もあります。

また、雑菌が溜まりやすいため菌が繁殖しやすくなっており、あらゆる病気を引き起こす原因となります。

カントン包茎は包茎手術を行うことによって、こうした状態を改善することができます。

一般的に包茎手術は保険適用外となっていますが、カントン包茎の手術の場合には保険が適用されます。

 

タグ :     

包茎治療

包茎治療の評価

自分自身が包茎の人は、他人が思っている以上に悩んでいる人が多いです。

では、このような悩みを解決することができるものは何かと言いますと、包茎手術になります。

包茎手術を行うことによって、悩みが一気に解消されるのです。

では、どこで包茎手術を行うのが良いのかと言いますと、初めてというケースがほとんどですので、インターネットの口コミ情報というものを利用してみるのが良いです。

このように事前に情報を収集しておくことによって、魅力的なところで手術をしてもらうことができるのです。

やはり、評判というものはとても重要なものになってきますので、インターネットの口コミ情報等を利用しまして、情報収集しておくのが理想的となってきます。

 

タグ :     

包茎治療

中学生でも包茎手術を受けられる?

包茎手術は中学生が理想です。

欧米では割礼と言う儀式があって、生誕から間もない時期に包茎手術をする風習もあります。

主にキリスト教を信仰している国では日常的に実施されています。

しかし、感染症などの問題もありますので、ある程度は成長してからの方が良いとされています。

中学生は思春期の始まりですので、その時期としては最適であると言えます。

ただし、本人から手術を希望することは通常はありません。

両親があらかじめ本人に説明をした上で医師も十分に納得させて施術することが重要になります。

中学生ともなると自分の意思で行動しますので、両親の言うとおりに従うとは限りません。

包茎手術の必要性を含めて、しっかりした説明と本人の納得が手術の前提になります。

 

タグ :     

包茎治療

嵌頓包茎とは?

カントン包茎とはどのような包茎か。

包茎には真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3つの種類があります。

この内、カントン包茎とは、包皮の入り口が狭いため無理に皮をむくと亀頭を締め付け、さらに皮が元に戻らない状態になってしまうこともある包茎です。

元に戻らなくなった皮により亀頭が圧迫され、亀頭が壊死してしまうこともあるため早急な治療が治療とされます。

また、皮が元に戻ったとしても痛みを伴うこともあり、いずれにしてもいい状態ではありません。

不衛生になりがちですし病気にもなりやすくなってしまうため、やはり治療を行うことが求められるでしょう。

カントン包茎の場合は健康保険を使って治療が受けられますので、費用負担も大きくはなく3万円程度で改善できます。

 

タグ :     

包茎治療

包茎は手術したらバレちゃう?

包茎手術した事はバレる?。

包茎手術をする事、した事は、「家族や友人にバレる?」そう心配している男性は、大変多く、なかなか手術に踏み切れない方も多くいらっしゃいます。

しかし、結論から言うと包茎手術する事、した事はまずバレる事はありません。

医者は、患者のプライバシーを守る義務がありますので、安心して包茎手術を受ける事ができます。

彼女にバレる心配もほとんどありません。

万が一、手術の仕上がりが悪く不自然だったとしても、それが包茎手術痕かどうか医者でない限り分かる人は少ないです。

もし、そのような心配のある方は、泌尿器科ではなく、包茎手術を専門に行っているクリニックで手術を受けるほうが安心です。

専門のクリニックは、手術回数も多く経験豊富なので、失敗や仕上がりの不自然さなどのリスクはほとんどありません。

そのため、周りにバレる心配もありません。

 

タグ :     

包茎治療

当サイトは、テンプレート「THE WORLD(ザ・ワールド)」にて作成されています